• トップ
  • Kaspersky Endpoint Security for Business Select

Kaspersky Endpoint Security for Business Select

Kaspersky Endpoint Security for Business Select とは

ワークステーションとサーバの保護

ワークステーションだけでなく、ファイルサーバーも保護するための、セキュリティ機能、アプリケーションホワイトリスト、アプリケーションコントロール、デバイスコントロール、およびウェブコントロールの各機能を提供します。

単一の管理コンソール

単一の管理画面から、管理者は、仮想マシン、物理デバイス、モバイルデバイスを含む全体のセキュリティ状態を把握して管理できます。

直感的なユーザーインターフェイス

ダッシュボードに整理されて表示されるさまざまな情報により、管理者は、リアルタイム保護の状態を確認、ポリシーを設定、システムを管理、およびレポートを入手することができます。

WEB インターフェイス

使いやすいインターフェイスから、リモートで保護の状態を監視して主要なイベントに関するレポートを作成できます。

スケーラビリティ

どのような規模のインフラストラクチャであっても、Kaspersky Security Center は、増大するニーズに対応できる配置ツールと管理ツール、柔軟なポリシーオプション、および強力なレポート機能を提供します。

エンドポイント保護機能:

最新のアップデートの提供とシグネチャベースの保護

カスペルスキー はマルウェアデータベースをひんぱんに更新します。これにより、最新の脅威からお客様を保護します。

システムウォッチャーにより実行されるふるまい分析

シグネチャデータベースにまだ記録されていない脅威に対抗するプロアクティブ保護を提供します。

個人用ファイアウォール搭載のホストベース侵入防止システム(HIPS)

カスペルスキー のファイアウォールは、ポート、IP アドレス、トラフィックが生成されたアプリケーション、その他のパラメータに従って送信と受信のトラフィックを制御し、ネットワークの脅威からエンドポイントを保護します。

クラウドベースの保護

Kaspersky Security Network(KSN)は、カスペルスキー製品を利用している数百万のユーザーの協力で疑わしい動作をするアプリケーションの情報を収集し、速やかに、すべてのお客様が新しい脅威に対応できるようにします。第三者機関のテストによると、カスペルスキーのレスポンスタイムは(KSN テクノロジーの活用により)最短でわずか 0.02 秒です

エンドポイントコントロール:

アプリケーションコントロール

IT 管理者は、アプリケーションの起動(またはアプリケーションのカテゴリ)を許可、ブロック、または制限するポリシーを設定できます。

ウェブコントロール

これはエンドポイントベースの Web サーフィン管理機能で、企業ネットワークまたはローミングでアクセスするユーザーを追跡します。

デバイスコントロール

ユーザーは、データポリシーを作成してスケジュール設定し、USB または他の種類のバス経由で接続されるリムーバブルストレージや他の周辺機器に適用することができます。

ホワイトリストの動的な作成

Kaspersky Security Network が提供するリアルタイムのファイルレピュテーションは、許可されたアプリケーションがマルウェアに感染していないことを保証し、ユーザーの生産性を最大化するのに役立ちます。

※Kaspersky Labs Japan(カスペルスキーラブスジャパン)社提供コンテンツ
 

携帯サイトのページ


PC版と同じURLです
URLをメールで送る