• トップ
  • Kaspersky Security for Virtualization

Kaspersky Security for Virtualization

Kaspersky Security for Virtualization とは

仮想化の保護

KasperskySecurity for  Virtualizationでは、すべての仮想マシンを強力に保護すると同時に、システムの使用率を改善し、IT管理者およびセキュリティ相当者の負担を軽減するとともに、ITインフラストラクチャのROIを向上させます。

一元管理可能なセキュリティ

KasperskySecurityforVirtualizationは、VMware社のvShieldEndpointにプラグインされる仮想アプライアンスで、アンチマルウエアスキヤン機能を提供し、各物理ホストに、一元管理されたアンチマルウェアエンジンおよびデータベースを提供します。

高度なアンチウイルスエンジン

カスベルスキーの優れたアンチマルウェアテクノロジーにより、新たな脅威からシステムを守ります。また、ヒューリスティック分析により、多種多様なマルウェアを効果的に撃退します。

自動保護

vShieldEndpointとの統合により、新しい仮想マシンにアンチマルウエア保護機能が自動的に提供され、セキュリティ上のギャップや不適切な設定が起こらないよう支援しますbすべてのゲストVMは、それまでオフラインになっていたかどうかに関係なく、最新のシグネチャテ‘一夕ベースによって常に保護されます。  

高密度化を支援

KasperskySecurityforVirtualizationはエージェントレスのソリューションであるため、「スキャンストーム」や「アップデートストーム」を発生させることなく、高密度の仮想化とパフォーマンス低下の抑制を実現します。

カスベルスキーでは、どのような構成または配置が選択されたかに関係なく、各組織のセキュリティ要件に合うようにエージェントベース(KESforWindowsなど)とエージェントレスの両方のアンチマルウェアを提供しています。これらのアンチマルウェアは、一元化された単一の管理コンソール(KasperskySecurityCenter)を使用して管理することができます。

単一の管理コンソール

追加コストなしで利用できるKaspersky SecurityCenterは、仮想マシン、物理マシン、モバイルデバイスのセキュリティを管理できる単一の管理コンソールを提供します。 エージェントレスによるセキュリティモデル

VMwarevMotionのサポートーKasperskySecurityfor

Virtualizationは、VMwarevMotionを完全にサポートしているため、ESXiホスト間でワークロードを移動させる場合でもその保護が中断されることはありません。新しいホストに必要なライセンスが付与されていれば、ワークロードが継続的に保護され、すべてのセキュリティ設定が維持されます。

VMwarevCenterとの統合

KasperskySecurityforVirtualizationは、仮想マシンに関する情報(すべての仮想マシンと関連するパラメータのリストなど)をvCenterから受け取ります。優れた可視性をITチームに提供することに加えて、このvCenterとの統合により、新しい仮想マシンを設定するたびに、その仮想マシンが自動的に保護されるようにします。

KasperskySecurityforVirtualization
※Kaspersky Labs Japan(カスペルスキーラブスジャパン)社提供コンテンツ
 

携帯サイトのページ


PC版と同じURLです
URLをメールで送る